So-net無料ブログ作成
夢のライブ ブログトップ
前の5件 | -

15/10/16  井上陽水 2015 UNITED COVER2@福岡サンパレス  [夢のライブ]

前回からちょうど1年、
また陽水さんのコンサートにお邪魔してみた。
年配のファンの方が多く、
若輩者の私がちょっとお邪魔さしてもろとりますという感覚。

今回の席はなんと7列目!
前回同様、しっかりと陽水さんのお姿が見えた。

「ダンスはうまく踊れない」
「リバーサイドホテル」
「とまどうペリカン」
まさかの「背中まで45分」と
どの歌もステキだったけど、
「あの素晴しい愛をもう一度」はぐっときたな。

娘さんが福岡に住んでいることもあり、
こっちにはしょっちゅう来ているそう。
この前は、天草に奥さんも一緒に行ったそうで、
へぇ奥さんと仲良くしてるんだ・・とちょっと意外だったり。

2時間強、
ステキな時間を過ごし、
ロビーに出たら、目の前に深町健二郎が。
いい匂いするし、細いし、セクシーすぎるし、もーかっこよすぎるだろーー!
本気で後ろから抱きつこうかと思ったわ。

・・・ということで、
今回もまた深町健二郎に心を奪われて会場を後にした。

富士山に思いを馳せる [夢のライブ]

ひそかにライブビューイングを期待してたけど
やっぱりなかったな。
チケット完売ならありえたのだろうか。

DVDは絶対買うくさ。
今日は寝れん。
読んだばい(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

14/11/14  スガシカオ Next Round Tour 2014@Zepp Fukuoka [夢のライブ]

スガシカオのライブに行ってきた。
前回から1年以上ぶり。
長かったのう。

今回も運よく、モッシュゾーンのちょい後ろの定位置をキープ。
真近に見えたシカオ氏は最初からノリノリで、
シカオ氏の声、やっぱり好きだな。
久しぶりのギター田中義人氏もかっこよかった。
楽器を弾くのは顔の表情も重要なんだな。

途中、シカオ氏が客席に投げ入れた(渡し入れた)ギター。
ヘッドの部分に触ることができてラッキー!

ライブは良かった。
良かったんだけど、倍、いや3倍疲れたのだ。
なぜなら、ヤフオクドーム(Zepp隣り)で嵐のライブがあったから。
前回のシカオのライブではEXILEのライブと鉢合わせし、今回は嵐。
運悪すぎ。
会場の外は嵐ファンであふれかえっていて、
ホークスタウンのトイレはどこも大行列。
しかも帰りも嵐ファンと重なり、道路は大混雑でもう本当に疲れ果てた。

シカオさん、今後モンスター公演と重なるときは、
公演時間ずらしませんか。頼みます。



(来年の10万人ライブ、この混雑の比じゃないだろうなと早くも弱気になる)

14/10/18  絢香 にじいろAcoustic Live Tour 2014 3-STAR RAW@福岡サンパレス  [夢のライブ]

今年は本当にたくさんのライブに行っていて、
その全部が自分でも笑ってしまうくらいに
まあ見事におっさんのライブばかりだったが、
ついに若い女子のライブに行ってきた。

絢香のライブに初参加。

すばらしい。
すばらしい歌唱。
その言葉しかない。

2週間前に行った陽水さんのライブ感を
なんとなくひきずったまま会場に足を運んだが、
一瞬で絢香の世界に引きずりこまれた。

アコースティックライブということで、
ピアノとギターとボーカルという構成で、
絢香の歌声が前面に押しだされていて、
とてもすばらしかった。
最初から最後まで一点の曇りもなく完璧で、
このままCDにしてほしいくらいすばらしい歌唱だった。

席は25列目。
その前には機材席が組まれていて、
うわ~これは集中できないな・・・と覚悟したけど、
なんのその。
一曲目から最大集中。
こんなに集中したライブははじめてだったかもしれない。
とにかくすばらしい歌唱だったのだ。

ピアノとギターもすばらしく、
とくに絢香が衣装チェンジの間の2人の演奏はとてもすばらしく、
拍手が沸くとはまさにこのことだなと
鳥肌が立つような観客の拍手だった。


実は絢香はその昔あまり好きではなかったのだけど、
復帰してからなんとなく聞くようになり、
今回のライブ初参加になったわけだけど、
行ってよかった。
とにかくすばらしい歌唱だった。



帰り。
ちょうど博多地区は灯明ウォッチングというイベントが開催されていて、
町角やお寺などに灯明が並べられていて、それを見ながら帰った。

いい一日だったなあ。
読んだばい(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

14/10/03  井上陽水 氷の世界ツアー 2014@福岡サンパレス [夢のライブ]

井上陽水のライブに初めて行ってきた。
たいへん話題になっている氷の世界ツアー。

実は母べえ(久々にブログに登場)が井上陽水のファンで、
私が物心がついた頃には家の中で
毎日毎日陽水さんの歌が流れていたのだ。

リンゴ売りが出てきたり、傘がないと歌われたりで
不思議な歌ばっかりだなあと思いつつ聴いていたが、
今思えば、私の音楽好きはここから始まったのだなと思う。


というわけで、陽水ファンの母べえをライブに誘ったのだが、
あっけなく行かないと言われ、ひとりで行ってきた。

ジェラシーからはじまり、
いっそセレナーデまでの約2時間半とてもステキな時間が流れた。

それにしても陽水さん、とてもしゃべっていた。
あの不思議な感じで、とてもしゃべっていた。
ちょっと続けて歌ってくれと思うほどとてもしゃべっていた。

席は9列目!
陽水さんの変なガラのシャツもよく見えた。
あのシャツは・・・・どうかな。

お客さんはほとんど年配の方で、
おとなしく着席しての鑑賞であった(アンコールは総立ち)が、
時折かかる男性客からの陽水!というかけ声が、
なんというかとても重みがあり、
陽水の歌と共に生きてきて、本当に陽水の歌が好きなんだ
という熱い思いが伝わってきて、とてもステキでうらやましく、
また、陽水さんの若い頃の画像がスクリーンに映し出されたりして、
この頃の陽水さんのライブにも行ってみたかったなと思った。


帰りのロビー。
九州ではおなじみの深町健二郎さんがいた。
テレビで見ると年とってきたなあと思うけど、
実物はかっこよかったなあ。
陽水さんを見たあとだったからかな・・・おっと。

終演後、貼り出されたセットリストをみんな携帯で撮っていたが、
ガラケー率の高さにクスクスしてしまった。
私もガラケーだが・・(-ω-;)
読んだばい(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - 夢のライブ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。